カテゴリー別アーカイブ: TERACOM

DDNS No-IPの利用手続き DDNSクライアントTCW241の設定

TERACOM TCW241を使うと、DDNS(ダイナミックDNS)クライアント機能があるため、PCを常時電源入れてなくてもDDNSサービスを利用することができます。
LAN内に1台TCW241を設置すると、DDNS利用の設定をしたTCW241以外のTCW、Webサーバー、Webカメラ、IoT機器、遠隔監視装置等にもDDNSで設定したホスト名(ドメイン)でアクセスできるようになります。
通常、DDNSを利用するためには、常時PCの電源を入れておく必要がありますが、TCW241を使うとPCの電源を入れておく必要がありません。
PCよりも省電力でDDNSを利用できます。

TCW241は下記でお買いお求めになれます。
https://www.elefine.jp/SHOP/TCW241.html

TCW241は、DynDNSNo-IPDNS-O-Matic の各DDNSサービスに対応しています。ここでは、無料で使用できる(ただし、30日以内ごとに更新が必要)、No-IP での設定の仕方を説明します。

No-IPの利用手続き

外部からアクセスしたいLAN内のPCから下記のサイトにアクセスします。
https://www.noip.com/

Hostnameという欄に希望するサブドメインを入力します。
.hopto.org というのは、ドメインです。いくつか用意されていますので、希望のドメインを選択します。
このHostname と 選択したドメインの組み合わせが自分のLAN(TCW、Webサーバー等)へアクセスするためのURLになります。
例 Hostname に abcdefg、ドメインに .hopto.org を選択した場合、
abcdefg.hopto.org
がURLになります。

各欄を設定した後、Sign Up ボタンをクリックします。

ページが切り替わりますので、Eメールアドレス、希望するパスワードを入力します。

Terms of Service and Privacy Policy にチェックをつけ、Free Sign Up ボタンをクリックします。
Get Enhanced というボタンは、有料サービスのためのものです。有料にすると30日以内の更新手続きをしなくても利用し続けることができる等のメリットがあります。必要に応じて選択してください。

すると、下記のようなページが表示されます。また、入力したEメールアドレスあてにEメールが送信されます。

下記のようなEメールが届きますので、Confirm Account ボタンをクリックします。

すると、ブラウザーに下記のようなページが表示されます。

PCからDDNSへグローバルIPアドレスの通知をしたい場合は、Step2にあるDUCをダウンロードしてください。TCW241をご使用の場合は、それを使わなくてもTCW241が自動でDDNSへグローバルIPアドレスの通知を行ってくれます。

Get Started with Dynamic DNS ボタンをクリックすると、下記のようなページが表示されます。

Add Now ボタンをクリックすると、下記のようなページが表示されます。

Username欄の下のAdd Username をクリックすると、下記のようなページが表示されます。
ここで、新規のユーザー名を入力します。ほかの誰かなどに既に使われているUsername は、使用できません。
入力したら、Save ボタンをクリックします。

下記のようにUsernameが設定されます。

名前、住所等をPersonal Info の各欄に入力して、Save ボタンをクリックします。

パスワード忘れ等、何かのときのための本人確認の際の質問と答えを設定して、Save ボタンをクリックします。

Language(言語)とTimezone(タイムゾーン)を選択します。ただし、言語の選択肢に日本語はありません。Timezone は、日本の場合、GMT+09:00 を選択します。

上記の各設定ができたら、左のメニューの
No-IP Hostnames
をクリックすると、下記のようにホスト名(ドメイン)とIPアドレスが表示されます。IPアドレスは、PCからのアクセスをもとに自動で設定されます。

以上で No-IP の設定は終わりです。30日内ごとに No-IP のサイトにログインして、更新する必要があります。それを怠って、30日を超えると使えなくなります。


TCW241 DDNSクライアント機能の設定

DDNSの利用の設定ができたら、今度は、TCW241のDDNSクライアント機能の設定を行います。

TCW241のIPアドレスにアクセスし、ログインします。
上部メニューの SERVICES 内の Dynamic DNS をクリックします。

Dynamic DNS setup が表示されますので、各欄を設定します。

Dynamic DNS Enable にします。
Service No-IP を選択します。
Hostname  No-IP で設定した、Hostname を入力します
 (希望の文字列 + 選択したドメイン 例  abcdefg.hopto.org )
User No-IPで設定した、Username を入力します。
Password No-IP で設定したPasswordを入力します。
Maintenance e-mail No-IP で設定したEメールアドレスを入力します。

以上の設定ができたら、SAVE ボタンをクリックします。
すると、DDNS last status に
The Dynamic DNS client pending an update.
が表示されます。

しばらく経過したら、ブラウザーの更新ボタンをクリックすると、下記のように
DDNS last status に
The last update was successful. The current IP is xxx.xxx.xxx.xxx
(xxx は、数字)
が表示されます。
これで、TCW241のDDNSクライアント機能が No-IP のDDNSサーバーとうまく通信が行えたことがわかります。
xxx.xxx.xxx.xxx が実際のグローバルIPアドレスです。

TCW241 のポート番号を5000にして、ルーターでポート番号5000に対するアクセスを TCW241 のプライベートIPアドレスに転送するように設定した後、No-IP で設定したHostname に :5000 を付けると、外部から下記のようなURLでTCW241にアクセスすることができます。
http://abcdefg.hopto.org:5000

このポート番号を変えることで、LANに複数のTCWを設置したり、Webサーバー、Webカメラの各々に外部からインターネットでアクセスすることができます。


DDNSクライアントとして使用可能 TCW241

TERACOM TCW241は、下記でお買い求めになれます。
https://www.elefine.jp/SHOP/TCW241.html

TERACOM TCW241 は、インターネット、LANからデジタル入出力、リレー操作、アナログ入力ができるほか、ダイナミックDNS(DDNS)クライアント機能を持っています。
リレー等を使用せず、単なるダイナミックDNSクライアントとしても有用です。

プロバイダーから割り当てられるグローバルIPアドレスは、固定ではなく、変動であることが多いです。変動IPアドレスの場合、ルーターの電源の入れ直し等の際、異なるIPアドレスが割り当てられることがあります。Webサーバー、Webカメラ等に外部(インターネット)からアクセスしたい場合、グローバルIPアドレスに対してアクセスしますが、そのグローバルIPアドレスが変更され、その変更になったIPアドレスを知らないとアクセスできなくなってしまいます。

その不便を解消してくれるのが、ダイナミックDNS(DDNS)です。定期的にDDNSへグローバルIPアドレスを通知しておくと、インターネットからは、 DDNS 業者が割り当ててくれた固定のドメインでアクセスできます。そのDDNSへ定期的にグローバルIPアドレスを通知するのが、DDNSクライアントです。DDNSクライアントは、PCのアプリケーションとしてあります。また、ルーターにDDNSクライアント機能がある場合もあります。

そのDDNSクライアント機能を持っているのが、TERACOM TCW241 です。 DDNSクライアントは、常時実行してないと不便です。PCのアプリケーションでは、PCの電源を常時入れておく必要があります。一方、TCW241を使うと、PC不要で動作するため、PCよりも省電力(4W程度)で済みます。

また、同じLAN内のTCW241以外の機器に対してもDDNSのドメインでアクセスできます。TCW241を1台、LANに設置すると、固定グローバルIPアドレスでなくても、Webサーバー、Webカメラ、遠隔モニター等に外部からアクセスできるようになります。ただし、携帯電話網のようにプロバイダーから割り当てられるIPアドレスがプライベートアドレスの場合は、 TCW241 を使用してもDDNSに対応できません。

TCW241は、DynDNSNo-IPDNS-O-Matic の各DDNSサービスに対応しています。残念ながら、どれも海外のサービスです。もちろん日本からも使用できます。

TCW112-CM 設定の仕方

TERACOMのTCW112-CM は、Ethernetに接続し、パソコン等よりデジタル入力・アナログ入力各1点、温度センサー入力1点、1個のリレーのON・OFF制御ができます。WEBサーバー機能を内蔵していますので、プログラム作成をせずにLAN、インターネットに接続されたパソコン等から操作・モニタリングすることができます。

TCW112-CMのご購入は、下記よりお願いします。
https://www.elefine.jp/SHOP/TCW112-CM.html

設定は、下記の方法で行います。

1. PCのIPアドレスの設定

TCW112-CMの初期状態では、下記のように設定されています。
IPアドレス 192.168.1.2
サブネットマスク  255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1

設定を行うためには、このIPアドレスにアクセスする必要があります。アクセスするには、IPアドレスが同じ範囲に入っている必要があります。上記のサブネットマスクの設定では、
192.168.1.2 のうち、3番目までは同じで、4番目の2だけが異なるIPアドレスに設定します。
ここでは、192.168.1.10 に設定する例を説明します。

Windows 10でのIPアドレスの設定の仕方

Windows 10 の画面左下のWindowsマークをクリックして、表示されたメニュー内の歯車マークの設定をクリックします。

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

有線LANでTCW112-CMに接続する方を選択し、右クリックし、それで表示されたメニューのプロパティをクリックります。

下記のようなウィンドウが表示されますので、「インターネット   プロトコル バージョン 4 (TCP/IP v4)」を選択し、プロパティボタンをクリックします。

下記のようなウィンドウが表示されますので、「次のIPアドレスを使う(S)」 を選択し、IPアドレスに
192.168.1.10
サブネットマスクに
255.255.255.0
を設定し、OKボタンを押します。

上記、設定後、各ウィンドウを閉じます。

2. TCW122-CMの設定

TCW112-CMとPCをクロスのLANケーブルで接続し、TCW112-CMに電源(DC12V)を接続します。

Microsoft Edge、Google Chrome、Internet Explorer等のブラウザーソフトを起動し、アドレスに
192.168.1.2
を入力すると、下記のように表示されます。
UsernameとPasswordは、どちらも
admin
を入力して、Login を押します。

すると、下記のように表示されます。
この画面でRelay の ON/OFF ボタンを押すと、リレーをON・OFFさせることができます。

IPアドレスは、上部メニューの「Network setup」をクリックし、下記のページを表示させます。
この中のIP address で設定します。

Saveボタンを押すと、設定が保存され、有効になります。
設定が変更されると、IPアドレスが異なるため、ページの表示ができなくなります。PCのIPアドレスを変更後、新しいIPアドレスにアクセスしてください。