カテゴリー別アーカイブ: USB-ISS

USB-ISSをTera Termでテストする方法

USBをI2Cに変換する、Devantech の USB-ISS は、下記でお求めになれます。

https://www.elefine.jp/SHOP/USB-ISS.html

USB-ISS、USB-ISS-SV は、 0x5A, 0x01 のような16進数(バイナリーデータ)でデータ通信を行う必要があります。
シリアル通信のテストが簡単に行え、よく使われるターミナルソフトTera Termでは、通常、文字コードが送られます。例えば、A のキーを押すと、16進数の 41 が送信されます。
それが、設定を行うことにより、16進数での送受信、表示ができるようになります。

設定ファイルの変更

Tera Term実行ファイルが入っているフォルダーに入っている設定ファイルをテキストエディタ―で開きます。

C:¥Program Files¥teraterm¥TERATERM.INI

その中の
Debug=off

Debug=on
にして、デバッグモードを有効にします。

保存後、Tera Termを起動します。

16進数表示

Shit + Esc (Shiftキーを押しながらEscキーを押す)でデバッグモードになります。押すごとに、
デバッグモード -> 16進デバッグモード -> 非表示 -> 通常表示
の順に切り替わります。
その中の 「16進デバッグモード 」を使用します。すると、下記のように16進数で表示されるようになります。ローカルエコーをONにすると、キーを押すたびにキーコードが表示されます。

16進数データの送信

USB-ISSを使うには、01 なども送る必要があります。Ctrl を押しながら、A を押すと 01 を送ることもできますが、わかりにくいのでマクロを使ったほうが便利です。

テキストエディタ―で下記のような内容のファイルを作成し、
USB-ISS_Version.ttl
というようなファイル名で保存します。

send $5A$01

5A 01 は、USB-ISSのファームウェアのバージョンを確認するためのコマンドです。

Tera Termのメニューの コントロール → マクロでマクロの実行ができます。

先ほど保存したファイルを選択します。

16進数(バイナリーデータ)が送信され、USB-ISSからの返信が表示されます。
07 07 40 が返信です。

コマンドごとにマクロファイルを作成することにより、USB-ISSの設定、I2Cデバイスからの読み出し等を行うことができます。