カテゴリー別アーカイブ: Ikalogic

SCANAQUAD使用方法ロジックアナライザー波形観測

USB接続のロジックアナライザー、ScanaQuadで実際に波形を見る方法を説明します。

  1. ScanaQuadをパソコンに接続した状態でScanaStudioを起動します。
  2. 下記のように中央に+があるウィンドウが表示されます。その中央の+をクリックします。Scana011
  3. すると、機種選択のウィンドウが表示されます。パソコンに接続され、認識されている機種は、左に緑色で表示されます。機種を選択し、Create Workspaceボタンを押します。
    Scana012
  4. 下記のようなウィンドウが表示されます。各プローブを測定対象に接続し、左上のQuadScanaStart ボタンを押すと、サンプリングが始まり、終了すると波形が表示されます。Scana017
  5. そのままの状態では、ボタンを押すとすぐにサンプリングが始まってしまい、測定対象のタイミングにうまく合わせられないことがあります。その場合は、サンプリング開始を信号に合わせて行わせることができます。それがTrigger(トリガー)です。下記のようにTriggerの下にある、歯車のアイコンをクリックします。
    ScanaTriggerSet
  6. トリガー条件を設定するウィンドウが表示されます。これでトリガー源(チャネル)、立ち上がり等の条件を設定します。Scana021OKボタンを押すと、保存されます。
  7. トリガーを指定すると、下記のように表示されます。右下のStartボタンを押すと、トリガー待ちになり、指定した条件になるとサンプリングが開始されます。
    Scana022

 

SCANAQUAD使用方法 ScanaStudioのインストール

  1. 下記よりSCANAQUADを使うためのソフト、ScanaStudioをダウンロードしてください。
    https://www.ikalogic.com/scanastudio_v2/
    Windows, Mac OS X, Linux (Ubuntu) 用が用意されています。使用するOSに合わせて選択し、ダウンロードしてください。ここでは、Windowsで説明します。
  2. scanastudio_setup.exe を実行します。
    基本的には、”Next >” ボタンを押していくだけでいいです。Scana001                    Scana002Scana003Scana004Scana005Scana006Scana007
  3. Launch ScanaStudio をチェックして、Finishボタンを押すと、ScanaStudioが起動します。
  4. インターネットに接続された状態で起動すると、下記のように各種プロトコルのデコーダーのダウンロードを促すウィンドウが表示されます。Scana008
  5. Download / Update checked ボタンを押すと、ダウンロードされます。
  6. ダウンロード後、新しいデコーダーがない場合、下記のように表示されますので、Ignore ボタンを押します。Scana010
  7. すると、下記のように表示されますので、中央の+ボタンを押してください。Scana011
  8. ScanaQuadが認識されている場合、機種名の左に緑色で表示されます。使用する機種を選択し、”Create Workspace”ボタンを押してください。下記の場合では、ScanaQuad SQ25です。Scana012認識されてない場合、下記のように緑色の表示がなく、Create Workspaceのボタンの上に (Demo mode) と表示されます。USBの接続等を確認してください。Scana018

    9. 下記のように表示されたら、準備は、完了です。Scana017