カテゴリー別アーカイブ: USBリレー

Numato USB リレーコマンド

NumatoのUSBリレーは、パソコン、スマートフォン等のUSBに接続し、コマンドによりリレーのON/OFF制御を行うことができます。
リレー個数、1個、2個、4個、8個、16個、32個、64個と多彩に用意されております。1個、2個、4個の各ボードは、USBからの電源だけで作動する、USBバスパワータイプも用意されています。

Numato USBリレーボード(リレーモジュール)は、下記よりご購入になれます。

Numato USBリレーモジュール

Numato USBリレーボードは、パソコンに接続すると、仮想シリアルポート(COMポート)として機能します。Visual Basic、Visual C#等からは、シリアルポートに対するコマンド送信で使用することができます。

コマンド一覧

No. コマンド パラメーター 説明
1 ver none ver ファームウェアのバージョンを返します
2 id get/set xxxxxxxx Id get

id set 12345678

モジュールのIDの読み出し、書き込みを行います。
3 relay on/off/read, リレー番号 relay on 0

relay off 0

relay read 0

リレーのON/OFF操作を行います。
4 gpio set/clear/read, gpio 番号 gpio set 0

gpio clear 0

gpio read 0

GPIO (General Purpose Input/Output) の入出力を行います。
5 adc read チャネル adc read 1 アナログ入力値を読み出します

各コマンドの説明

relay

各リレーのON/OFFを行います。

リレー ON

relay on リレー番号

例 relay on 0

リレーをON(CとNOの接点が導通)にします。
リレー番号は、0から始まります。
11個目からは、A、B、C, というようにラテン文字(アルファベット)になります。

リレー OFF

relay on リレー番号

例 relay off 1

リレーをON(CとNOの接点が導通)にします。
リレー番号は、0から始まります。
11個目からは、A、B、C, というようにローマ字になります。

リレー 状態読み出し

relay read リレー番号

例 relay read A

リレーをOFF (CとNCの接点が導通)にします。
リレー番号は、0から始まります。
11個目からは、A、B、C, というようにラテン文字(アルファベット)になります。

gpio

リレーボードには、リレーのほかに3.3V、または、5V (製品によって異なります)のデジタル入出力が行えるGPIOも付いています。そのGPIOの入出力をこのコマンドを使って行います。

GPIO出力ON

gpio set ピン番号

例 gpio set 1

このコマンドを実行すると自動的に出力ピンとして動作します。出力としてしようしたいGPIOにスイッチ等を接続しておくと、出力をONにした瞬間に過電流が流れ、本製品が故障します。

GPIO出力OFF

gpio clear ピン番号

例 gpio clear 2

GPIO入力

gpio read ピン番号

例 gpio read 1

このコマンドを実行すると自動的に入力ピンとして動作します。
出力ピンと使用していて、そのピン自身の出力状態の確認には、使うことはできません。